2009年03月14日

森田流犬のしつけ

森田誠さんが「森田流犬のしつけ DVD」を出しました。

【犬しつけ】あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる
森田流犬のしつけ法


という商品です。


「森田誠さんってだれ?」
あのTVチャンピオン「ダメ犬しつけ王」選手権で優勝した森田誠さんです。

現在、森田さんは犬のしつけをするドッグトレーナーをされており、その実力が優勝という形になったのでしょう。
森田さんのしつけ教室では、しつけのために1ヶ月犬をお預かりすると10万円いただいているそうです。

ドッグスクールの平均的な値段は、初級コース3ヶ月〜6ヶ月、上級コース3ヶ月〜12ヶ月期間設定で、月7〜10万円、しつけ教室に通うと月4回通い、月2〜4万円が相場となっています。また、出張してきてもらい、しつけをしてもらうと、月2回通い月5万円位かかります。

森田さんのしつけ教室は、1ヶ月という短期間で飼い主にはとてもありがたいことですが、費用が高いと感じられるのではないでしょうか。1ヶ月で犬のしつけが治るのであれば安いのではないでしょうか。

でも、10万円をかけずに1万円そこそこで
  「森田流犬のしつけ」ができるチャンスがあります!


そうです、森田流犬のしつけ DVDを手に入れると可能になるのです。

ただし、森田さんが提唱している犬との信頼関係を確立するための

★愛情をかけることができない方(スキンシップ等)
★いままでの考え方から抜け出すことができない方
★マニュアルと動画を最後まで読まない(見ない)方


上記3項目に当てはまる方はご遠慮くださいとのこと!

当然、当てはまらない方には、お勧めの犬のしつけ教本になることは間違いありません。
申し込みページに詳細説明があり、一部動画も見ることが出来るようになっています。

まず、見てくださいネ。それから、申し込みするか否かを決めるのも良いでしょう。

↓↓↓申し込みページは以下からお入りください。↓↓↓



今なら、2大特典が付いてきます。
posted by Nervdog at 22:56| しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

犬の訓練の原則《基本編》

 犬のしつけを行う場合に、知っておくべきことがあります。

  •   権勢症候群の予防

     犬は、リーダーの知識を知り、学び取る社会派動物です。リーダーが正しく教えたことを絶対服従で学び取ります。


  •   犬も楽しく

     犬の学習は、兄弟でじゃれ合い、親犬が獲物となって狩猟ゲームをして餌を確保することを覚えます。すなわち、仔犬にとっては遊びながら教えられているのです。しつけを全て遊びで教えていくことはさすがに無理であるが、仔犬に飽きさせないためにも遊びながら楽しませながらしつけを教える事を薦めます。

     @.飼主自身が明るく、仔犬と遊ぶ感覚で行いましょう。絶対に「やつあたり」「いじめ」であってはなりません。
     A.しつけは食事前に行い、しつけが終われば食事がもらえる。または、しつけが終われば遊んでもらえるなど、条件が付いたほうが教えやすい。
     B.障害物などを飛んだりして、犬自身が喜ぶことを間に挟むと良いでしょう。
     C.飼主の喜びを犬にわかりやすく表現してあげることも大事になります。


  •   犬のしつけに必要なもの

     誰にも相談しないで、犬のしつけをするのは不安な方にお薦め。当然、市販された本には無いテクニックが満載です。
    テレビで話題!カリスマトレーナーの
    失敗しない極秘愛犬しつけ術はこちら


  • posted by Nervdog at 17:45| Comment(22) | TrackBack(4) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月12日

    社会性を身に付ける(3)

     ”社会性”から関連して、人間社会の行動にも慣れさせてあげましょう。
     今や車社会が常識の中、移動旅行などをすることが頻繁にあるでしょう。そのためにも、車に慣れさせてあげることが飼い主にとって便利ではないでしょうか。

    1.犬は本来車に酔うものですから、相当な時間をかけて慣らす必要があります。こればかりは、犬の習慣だと思って、飼い主は必要以上に焦らないでください。

    2.まず、止まった車に乗せ、数回餌を与えたり遊んであげたりして、家の中と同様に楽しい思いをさせます。犬が普段通りの状態になり、リラックスした表情を見せるようになったら、エンジンをかけて車自体の騒音に慣らします。

    3.車の騒音に慣れたら、今度は車を走らせます。最初は、数十メートル走らせてから犬を車から下ろし、周辺を散歩させます。これを繰り返しながら、車の走らせる距離を伸ばしていきます。

    4.犬は車での移動中落ち着きません。車の移動に慣らしても、長時間の車移動では酔ってしまう場合もあります。そんなときは、人間も休憩が必要なように、犬も外の空気を吸わせに休憩をさせてください。車の中に自分の場所を作ってあげると、落ち着く場合もありますし、運転の邪魔をしないようになります。いつも自分が座る場所と解るように、他のシートとは見分けることができるようにしてあげましょう。そして、車の移動中に休憩をとる場合、天候が雨であっても、犬が好むのであれば外に出してあげましょう。その濡れた体を飼い主が気にしなくても良いように、自分の場所を作ってあげると良いでしょう。後部座席をすべて犬のために占用させてあげられるのであれば、後部座席用のシートを用意して、前部助手座席にいさせたい場合は前部座席用のシートを用意してあげると犬は安心するでしょう。後部座席用は、ファスナーの開閉等で横に人間が乗ることも可能なようにしておくと便利です。また、車がワゴンタイプで、座席は人間で埋まってしまうことが多い場合には、後部に車載ケージなども、家族の顔を見れるように配置などを考えてあげると犬も寂しがらずに良いでしょう。


     今後、犬が病気になることがあります。そうなったときに必要なことは、病院への連れて行き方と薬を飲ませることです。病気の治療にはを飲ませることは必ず必要となりますし、食欲がないときや絶食していて、食事に混ぜて一緒に薬を飲ませられない場合がありますので、ぜひ薬を飲む練習はしておくべきでしょう。

    1.除虫薬などを飲ませる場合は、食事に混ぜるかチーズの中に入れれば簡単できます。
    2.食事に混ぜて一緒に薬を飲ませられない場合のために、エビオスなど犬の好む物を用意し、座った犬の下あごを左手でこじ開け、右手で下の上に2〜3錠入れてあげると、犬は強制的であっても好物が口に入るので、すぐに嫌がらなくなります。

    3.慣れてきたら、一週間程度かけて薬をだんだんと口の奥に入れて、口に含んだ水を少しづつ注ぎ、口を抑えてのどをさすってあげます。

    4.それが慣れてきたら、ビタミン剤などの害のない薬(犬の好物ではないもの)で練習してください。

     「犬の病気」は飼い主が気をつけてあげることにより、病気が進行する前の軽い症状の内に治療や処置ができますので、犬にも飼い主にも負担が少なく済みます。犬の病気についての知識は、『ペット、犬の健康・病気・トラブル解決サイト』を、参考にさせていただいています。

     近くに動物病院がない方やなかなか動物病院へ連れて行かれない方への朗報です。
    「自宅で検査して、1週間程度で検査結果が届く」システムがあります。
    ワンちゃんの尿と便をとって送るだけです。簡単なことです!

    少し元気がないワンちゃんをただ見守るだけでなく、検査した結果に問題がなければそれで安心できるのではないでしょうか。検査システムは「愛犬用郵送検診キット わんわんチェッカー」と言いますので、気にかかることがあれば使われて見てはどうでしょうか。
    ちなみに、糖尿病(内分泌系の病気)や尿路疾患(泌尿器の病気)、そして回虫・鉤虫・鞭虫・条虫(寄生虫による病気)が検査できます。
    posted by Nervdog at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月11日

    社会性を身に付ける(2)

     ”社会性”といえば、人間社会に慣れさせることです。子犬が家についたときは、家の中が子犬の世界であり、家族が人間社会となっているはずです。当然、犬の一生がこの中だけで終わるはずがありません。もっとたくさんの景色や物、大勢の人間や他の動物と出会いもしくはふれあう事が必ず起きます。

     まずは、「人や他の動物に慣れさせる」ことが大事です。

    1.子犬が家に来て2〜3日したら、近所の人などたくさんの人に合わせ、かわいがってもらう。なるべく大勢のの人に訪問してもらう。特に子供と良く遊ばせてあげることが、将来問題が少なくなる。

    2.子犬が到着してから早く第1回の予防注射を受け、予防接種ずみの他の犬に接触させるようにする。予防接種の効果が現れるのは2週間後なので、早めに済ませたほうが良い。

    3.正常な成犬は子犬を受け入れるが、慎重な態度は必要で、万難を排して他の犬と会わせる努力する。将来、散歩などの途中で他の犬との遭遇すると、無駄に吠えている犬を良く見かけます。このようなことをなくするためにも必要になります。

     次は、「音・騒音に慣れさせる」ことです。

     臭いや音で危険を判断していく犬にとって、騒音はすべて危険な物になってしまいます。少なくとも、テレビやラジオ、掃除機などの家の中にあるものは危険ではないことを知ってもらう必要があります。

    1.散歩に連れて行くためにも騒音に慣れさせる必要があります。庭があれば、庭の中で車や生活の騒音に慣れさせていくのも良いでしょう。
     家に慣れたら、飼い主が犬の状態を見て、犬自身が歩いて散歩させるか犬を抱いてでもして周辺の騒音に慣れさせてあげてください。

    2.家の中でも掃除機などの音を最初は遠くから聞かせ徐々に近づけて慣れさせます。雷などの効果音の入ったCDなどもありますので、小さな音から慣れさせておくと、将来自然界の音にも慣れて、怯えなくなるはずです。

     「犬をしつける」ことをするときには、どうしても食事を利用することが多くなります。もっとも効果的だから利用するのですが、おやつを利用することもお薦めします。ワンちゃんがうまくできたときのご褒美に使うことでワンちゃんは覚えるのです。おやつは多すぎても肥満などの問題も生じてきますが、少量であれば効果的です。健康を考えた獣医さん推奨のスナック「ラムイヤー」
    人間用食材を使った素材そのままの無添加・無着色・保存料ゼロの手作りおやつ
    などは有効です。
    posted by Nervdog at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月08日

    社会性を身に付ける(1)

     最初に、”社会性”を身に付けさせることといえば、首輪を付けることです。外に出るためには必ず必要となります。当然、散歩に出かける場合「首輪+引綱が必要なのは常識!」と言われそうです。しかし、子犬自体は、首を締め付ける物を身に付けるのは初めてなのだから、首輪や引綱があたりまえではないのです。どのように、短時間で、子犬が首輪や引綱に鳴らして行くのでしょうか。そのコツを、お知らせいたいます。

     1.あらかじめ買っておいた首輪と引綱を子犬の寝床の近くに置き、”それが危険なものではない”ことを理解させることが必要です。

     2.神経質な犬には、”それが危険なものではない”ことが理解した後でも、首に巻かれることを嫌うこともあります。そんなときは、きれいな紐で首にリボンを軽く結んで練習してから、首輪に代えると良いでしょう。

     3.食事をあげる寸前に首輪を付けて、すぐに食事をあげる。そうすると、食事を食べることに集中し、食べ終わるまでは首輪を気にしないでしょう。食べ終わると、すぐに首輪を気にするので、気にしたらすぐはずしてあげましょう。でも、これを数回行えば、慣れて行きます。

     4.首輪に慣れたら、引綱を付けて家の中を引きずらせておき、2〜3日慣れさせておけば良いのです。

     首輪と引綱に慣れたら、次に”お散歩に行きましょう”。これは、飼い主にとっても至福の時ではないでしょうか。

     1.まずは、家の中で首輪+引綱を付けて散歩の練習をしましょう。このとき、あくまでも慣らすことが第一目的なので、犬が多少前を歩いても、引綱を引っ張ることなく見守ってあげましょう。

     2.犬がしゃがみこんだりして動かない場合、決して強制的に引っ張らずに、やさしく餌等を使い、十分時間をかけて徐々に慣らして飼い主に従って歩くようにする。

     3.部屋での散歩がうまく言ったら、次に廊下、玄関、庭とだんだん外に近ずけて行きます。

     4.はじめて外に連れ出す時はなるべく静かな時を選び、看板やはためく旗、ビニール袋などに犬が驚くが、決して犬を引きずらずに、飼い主が物体に近寄り触れたり臭いをかぐ真似をして、それらが危険でないことを態度で示してやる。これが飼い主と犬の信頼関係を養う。

     (注意)この時期の子犬は精神的に非常に気づき易く、「ドアに尾をはさまれた」等の経験が将来に大きな痕跡を残すことが多い。


    【アドバイス】

     首輪と引綱(リード)は、一組あれば用は足りますし、犬自身がコーディネートするわけでもありません。でも、服と同様に着替えてあげてはいかがですか。もちろん、物によっては付け心地の良し悪しはあるかもしれませんが。。。
     お散歩にお出かけしたとき、どうしても他人からも見られます。同じ時間、同じお散歩ルートであればなおさら同じ人に会う確率が高くなります。その時、毎回違った首輪とそれにあったリードであれば目を引き、飼い主の犬への愛情を見せびらかせられること間違いありません。それも、レアであったり高級感たっぷりであればなおさらです。有名なスヌーピーの可愛らしさ
    と愛犬の可愛らしさで、近所の噂になるかも。
     レザーでもソフトでワンちゃんにもとっても優しく、イタリアのブランドから、高級感あふれるアイテム
    の”首輪&リード”をあなたのワンちゃんに身に付けてはいかがでしょうか。

     他にはデニムカラーのワンタッチ留め具で着脱カンタン!手軽に洗濯できるコットン製
    もあります。色だって、あなたのワンちゃんの毛色に合わせてレッド・ネイビー・オレンジ・カーキの4色で、男の子でも女の子でも問題なく合います。2組以上そろえると、持っているお洋服に合せて選ぶことができます。


    posted by Nervdog at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月05日

    お互いに愛情を深めて遊ぼう

     犬と飼い主を強く結びつけるのは愛情です!

    これは人間社会においても同じなんだと思います。では、”どうやって愛情を深めていくか”であるが、遊びを通じて愛情を深めていくことをお薦めします。『犬は自分のために時間を割いてくれる人になつくもので、食事をくれる人ではありません。』
     犬と飼い主は遊びを通じて深い愛情、すなわち深い絆ができてくる。これが最良の方法なんですが、その遊びの良し悪しが、今後の”犬のしつけ”に大きな影響を与えてしまうものです。
     子犬は家に到着してすぐに遊びだすのが普通であるが、多少臆病であったりしても2〜3日すれば、元気に遊びだすので家に来た初日に不活発であっても不安がらないでください。子犬が長時間激しく遊びすぎるのは骨の発育に良くないため、15分程度が適当ですので注意してください。

     子犬が家に来て2〜3日は、単純にじゃれあっていられますが、そのうち家にある子供のおもちゃを与えたりして、子犬を遊ばせ始める方もいらっしゃるかと思います。でも、やっぱり子犬が遊ぶためのおもちゃが必要になります。家にある日常品まで遊び道具としてかんだりすることになっては、犬のしつけになりません。

     家の犬の性格や遊び方を見て、遊ぶおもちゃを決めるのが良いと思います。ペットショップよりおもちゃがそろっているシンプルをコンセプトに他にはないペットグッズのセレクトショップ「free stitch」

    オシャレなアイテムが勢ぞろい。

    大人気の「Hip Doggie」や日本ではお目にかかれないブランドなども

    取り扱っているので、今までのオシャレに飽きたワンちゃんは要チェック!


     犬は「丸くなって走り回る」「飼い主の手や足をかむ」「飛びつく」「物をかじり振り回す」などをするものであるが、子犬のときに可愛がってばかりでしつけをせずに許してしまうと、その癖を成犬になってから直すには、途方もない時間と労力を必要とする。ましてや直らないこともあります。基本的には「子犬のとき許されたことは、成犬になっても変わらず許される」が一貫性の犬の考え方なのです。


    【アドバイス】

     骨をかじらせる事は非常に大事である。歯や歯茎、顎(あご)を丈夫にし、本来犬には必要不可欠な行為なんです。だから、かじらせることをやめさせるわけにいきません。
     それなら、かじっても良いおもちゃを限定して教えてあげればいいんです。これは頑丈で安全、歯のお手入れにピッタリです。骨好きワンちゃんにもおすすめなんです。
     天然豚皮から作られた新しいおもちゃ。やわらかい噛み心地なのに、長持ち!遊びながら歯を鍛えられます! 自然加工で着色料、保存料は不使用です。
     自然加工で着色料、保存料は使わず、天然豚皮から作られた”やわらかい噛み心地”のおもちゃや歯の汚れを落とす歯磨き効果や思いっきり噛むことでストレス解消をさせるドイツHUNTER社製のブナの木を使った木製ダンベルは大好評です。
    posted by Nervdog at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年02月02日

    子犬を理解してケージに慣れさせる

     子犬が用を足し終わったら、すぐにケージから出してあげましょう。そして、はじめてきた子犬に自分の住む環境を見せてあげましょう。当然、リーダーである飼い主が先に歩いて、家の中を案内してあげます。その時のの注意として、子犬が飼い主より先に出ないように足先でやさしく制御してあげます。

     ケージの中の子犬が用を足した後の汚れたシートや新聞紙はきれいにかたずけます。きれいにかたずけたとしても、前に自分が用を足した場所であると思い出します。それは、わずかな臭いが必ず残っているために、その場所に来たときに思い出すのです。
     本来犬は不潔なところで、排便など用を足したがらないので、汚れたらすぐに取り替えてあげることが、ケージの中でトイレをしつける重要点です。
     食事の時間になったら、まず「ハウス」「お家(うち)」等と命じてから、必ずケージの寝床部分に入れてやり、餌を与えます。今はできなくても、リーダーを教え込み、習慣付ける事は、理解できないうちからしつける事が重要です。
     また、長い時間ケージの中で過ごす癖を付けてあげるために、ケージの中で遊んであげたり、牛革でできた人工骨などかじるものを入れてあげるのも慣れさせる手法の一つです。ただし、ケージから出たがって、吠えたり騒いだりしても無視し、「吠えても報いられない」ことを覚えさせます。ここを怠ると何かしたいとき、「吠えると飼い主は聞いてくれる!」と感じてしまいます。

    【アドバイス】
     最初は、ケージの中でひとりで過ごすことを嫌がることが多いものです。そんなときは、飼い主の寝室にケージを置き、飼い主の匂いや寝息などが聞こえるようにしてあげることにより、子犬は安心して寝床につきます。その後、一日30cm〜50cm程度動かし、所定の位置へずらして行きます。
     数日で飼い主の寝室から出たときには、部屋のドアを開けておいてあげたり、あせらずゆっくりと時間をかけて、子犬の状態を確認しながら、甘やかすことなく、厳しからず、行ってください。
     子犬は、一日を「遊ぶ−排尿−寝る−排尿−食事−排便」の繰り返しで(人間の赤ん坊と一緒でしょ?!)、20時間近く寝ます。必要な睡眠時間なので、子供が子犬を遊ばせ過ぎないように注意してください。

     このようにケージは子犬が家の中で過ごすためには重要な物であることが解ります。そのためには、犬にも快適な環境であり、かつ飼い主にも手入れのしやすいことが絶対条件となります。子犬のうちは天井が開いているか若しくは入口が大きめであることが、便利です。当然、汚れたシート等をかたずけやすいこと。寝床用のケージはキャスター付ケージかキャリング用を用意しても良いです(アウトドアにも連れて行きたくなるに違いありませんから)。もちろんトイレ用ケージは持ち運びは考えなくてもいいです。
     これらを考慮したとき、機能的でおしゃれなケージはいかがですか?

    パネルをはめ込むだけ簡単組み立てで、

    床に傷がつかない、マンションのお部屋にも



    ピッタリマッチする木目調です。

     トイレつきのケージといえば、

    このドッグルームサークルがオススメ!

    posted by Nervdog at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年01月31日

    トイレのしつけはケージで

     トイレのしつけの時期等は前述しましたが、そのしつけを”ケージ”を使用すると案外楽で便利です。

     ケージを利用するメリットは、今後犬小屋の代わりとして使用することができます。また、用を足し終えるまで犬をケージの中にとじこめておけることです。ケージの中は用を足す場所なんだと犬に理解させる(覚えさせる)の便利です。大半の犬はこのような状況でトイレのしつけを習得しています。
     トイレの場所をケージを使ってすると決めたらケージの大きさは、将来犬が大きくなった時の状態を考慮し、十分な広さのものを選んでおくことが必要です。犬が十分に休める広さ(空間)とそれと同等な広さをトイレ用に確保します。二つのケージをつなげるか、十分な大きさのケージが用意できれば、ダンボール等で間仕切りし、犬が寝床(休憩場所)とトイレを明確に分けて、犬がそれを認識できるようにします。

     子犬は日中約1時間に1回放尿するので、眠った後や遊んだ後は必ずトイレに連れて行く。食事の後は腸の動きが活発となり、排便することが多い。
     ケージは暖房から遠く放し、隙間風が入らず、人が通る気配を感じにくいような場所に設置するのが望ましいです。
     犬によっては、食事場所や寝床の範囲を広くとらえる場合があり、隣接したトイレを嫌がる場合があるので、そのときは別のケージを用意し、数メートル離した場所にトイレ用のケージを設置するのが良いでしょう。

     トイレ用のケージの近くに、犬のくつろげるスペースを確保する事は、とてもよいことです。犬がリラックスすることにより、犬自身がストレスをためない。犬の気持ちを考えてあげることが望ましい形態なのです。
     そのスペースには
    ドッグファンシーマガジン編集長最優秀商品賞受賞 K9クーリングマット・ペット用冷却シート中型犬用
    このようなマットが最適なのです。
     サイズ・容量は「縦60cm、横90cm、マチ幅4cm 規格」で室内犬には十分くつろげる広さです。

     ”トイレのしつけ”のストレスは飼い主にも、

            犬自身にも望ましくありません。


    ☆ 注文はこちらから!! ☆

    ドッグファンシーマガジン編集長最優秀商品賞受賞 K9クーリングマット・ペット用冷却シート中型犬用【楽彩都(らくさいと)】ドッグファンシーマガジン編集長最優秀商品...
    11,500円
    熱交換原理を応用したユニークな愛犬用マットです。

    商品ページへ
    Ads by STMX


    posted by Nervdog at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年01月30日

    最初のしつけはトイレ

     屋内で飼う事を決めたら、子犬が家に到着して最初にしつける事はトイレです。本来、犬は寝たり、餌を食べる場所を汚しません。それゆえに、トイレをする場所を決めてあげるもしくは生活区域を分けてあげる事は犬の本性と合致した行動となるため、トイレのしつけは犬の本性を理解し助けてあげるように仕向ければ良いのです。
     子犬は少し動き回るようになると、自分の寝る場所から離れた所で用を足すようになりますので、「トイレと決められた場所以外は自分の寝たり食事したりする場所である」と犬自身が感じられるように仕向ければ良いのです。そうすれば、犬を叱ることなくトイレの場所を自然と覚えるようになります。

     例えば、「子犬が到着する前に、家の中にあらかじめ決めておきます。決めた場所には、後の掃除や手入れがしやすいように、厚手のビニールと新聞紙を厚く敷いておきます。子犬が到着したらすぐにその場所につれて行き、うまく用を足したら、その場所を指差し「ヨシヨシ」とほめてやり、ドックビスケット等をやる。」なといかがでしょうか。


    【アドバイス】
     今の時代、犬のトイレに新聞紙はないですよね。昭和の時代ではないのだから。。。 犬の匂い、タバコの匂い等を消す、”ファ○リーズ”するのもいいです。
     犬の用を足した後始末をしてから、その後に匂い消しをする。それは大変面倒くさい話です。
     ところが、”トイレの処理と匂い消し”を一緒にできるものがあります。それが、『プーチパット・ケージ用 』です。トイレのしつけに「ケージ」を利用すると便利なのですが、そのケージで利用できることを考慮した物です。大きさもケージの大きさに合わせて、
    プーチパット・ケージ用 S(Vari100用32cm×43cm)
    プーチパット・ケージ用 M(Vari200用 38cm×57cm)
    プーチパット・ケージ用 L(Vari300用42cm×69cm)
    プーチパット・ケージ用 XL(Vari400用47cm×78cm )
    と取り揃えられています。

     犬が用を足したことを忘れるくらいに清潔で無臭です。
     ただし、”トイレのしつけ”が不十分なワンちゃんには不向きですのでご了承ください。

    ☆ 注文はこちらから!! ☆

    【プーチパット・ケージ用 S】【Dog Goods Shop プーチ】【プーチパット・ケージ用 S】
    4,830円
    特殊製法によりオシッコの匂いを吸収する衛生的なトイレシート!

    商品ページへ
    Ads by STMX


    【プーチパット・ケージ用 M】【Dog Goods Shop プーチ】【プーチパット・ケージ用 M】
    5,880円
    特殊製法によりオシッコの匂いを吸収する衛生的なトイレシート!

    商品ページへ
    Ads by STMX


    【プーチパット・ケージ用 L】【Dog Goods Shop プーチ】【プーチパット・ケージ用 L】
    8,610円
    特殊製法によりオシッコの匂いを吸収する衛生的なトイレシート!

    商品ページへ
    Ads by STMX


    【プーチパット・ケージ用 XL】【Dog Goods Shop プーチ】【プーチパット・ケージ用 XL】
    10,290円
    特殊製法によりオシッコの匂いを吸収する衛生的なトイレシート!

    商品ページへ
    Ads by STMX


    posted by Nervdog at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年01月29日

    しつけの基本的資質

     しつけの基本的資質とは、「かまない」「むだぼえしない」の2つです。この2つの行為から以下の要因が整理される。




    A:かむ
      形 態         原 因   
    ・防御噛咬     遺伝、体罰等の恐怖、社会性の欠如
    ・恐怖噛咬     遺伝、体罰等の恐怖、社会性の欠如
    ・縄張・群れ
        の防御   遺伝、社会性の欠如、権勢症候群
    ・支配性に
       よるもの   遺伝、権勢症候群
    ・その他      遺伝等

    B:むだぼえ
      形 態         原 因   
    ・縄張防御     遺伝、社会性の欠如、権勢症候群
    ・孤独       遺伝、権勢症候群




    《遺伝的要因》
     原因が遺伝的要因であれば、当然犬の種類によって異なってきます。「番犬や護身犬、牧羊犬の方が狩猟犬よりも噛咬問題を起こす例が多い」ことが知られており、淘汰の目的からみても当然と考えられます。

    《社会性の欠如》
     「たくさんの人に会うことが当たり前である」としてしつけていかないと、他人に攻撃的になり、「かむ」「むだぼえ」の問題が起こりやすくなります。そのため、家に来てから3ヶ月以内にたくさんの人と会う機会を作ってあげなければなりません。
     犬が社会性を身に着ける時期を逃して、その後に”社会性のしつけ”を行っても効果が上がってきません。
     犬を人間や他の動物にならすには、適切な時期の以前でも以後でも拒否反応が現れることがありますので注意が必要です。


    【アドバイス】
     『しつけは適切な時期、方法』が大事です。
     ”しつけ”の方法は、犬様々なのに、
    ・同じ種類の犬を飼っている飼い主の話を信じてもいいの?
    ・これから過ごす環境も違っているのに、同じでいいの?
     あなたも、これにひっかかりが会ったのではないでしょうか。
     この気持ちを解消してくれるものが、このマニュアルでした。
     このマニュアルは、愛犬のあらゆる問題行動の対処・改善方法について解説しているので、あなたの愛犬の状態に当てはめて具体的に、

      「いつ、何を、どうすればいいのか?」

      「ウチのワンちゃんの場合は?」

    が、一目でわかります。

    このマニュアルの本質は

    『犬の本能で自然と変わってもらい、

    犬自身も喜んで変わる!』



    なのです。

    飼い主にとって、犬に無理をさせないことが一番うれしいことなんです。


     つまり、愛犬がおりこうな犬かどうかは、犬の生まれ持った資質や、性格ではなく、教えてあげる人が「知っているか」・「知らないか」の違いなのです。

     そう、あなたの知識の拡大が決め手なんです。あなたのお家の犬に負担をかけず、あなた自身や家族にも負担のかからない(家族一貫する必要はあるんですよ)”しつけ”の仕方は、下記のマニュアルを読んで実行してください。きっと”納得し、満足”が得られます。

     ここだけの話なんですが、ドッグスクールの平均的な値段をご存知でしょうか。
     預託訓練だと初級コース3ヶ月〜6ヶ月、上級コース3ヶ月〜12ヶ月期間設定で、月7〜10万円、しつけ教室に通うと月4回通い、月2〜4万円となっています。また、出張してきてもらい、しつけをしてもらうと、月2回通い月5万円となっています。しつけ教室においては犬と一緒に飼い主も受講することが必須です。もちろん複数の犬が一緒に受けることが多いでしょう。
     基本的な”しつけ”方法は同じだと思いませんか?
     『教えてあげる人が「知っているか」・「知らないか」の違いなのです』この言葉が大事なのです。しつけの知識はこのマニュアルで十分なのです。
     1ヶ月分のドッグスクール代よりも安い費用で”しつけ”をマスターするのであれば、あなたは買いますか?それろも買いませんか?

    ☆ 注文はこちらから!! ☆





    posted by Nervdog at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年01月26日

    リーダーは飼主

     犬の年齢で1歳は、人間のおおよそ20歳くらいに当たります。すなわち生後1年以内にしつけを完了していなければ、犬をしつけることは困難である。例えば、我が子を20歳まで自由にさせ、しつけとは無縁のように育てた後に、急に規律を当てはめようとしてもうまくいく道理がありません。
     ”犬だって同じなんです。”犬が最初に家に来てから一年間は気が抜けない毎日が続きます。特に7〜8ヶ月目の思春期の犬は、飼い主に挑んでくる(権威に挑戦する)場合が多いので、それを過ぎるまでは注意が必要です。
     言葉が通じないのは人間の赤ちゃんだって同じです。「赤ちゃんをたたきますか?犬の赤ちゃんはたたいていいの?」
    きちんとしつけをする道具があります。それが長さは6m位の手のひらにすっぽり入るサイズで黄色いボタンを押すと「カチッ」という合図の音が鳴るクリッカーなのです。これを使えばいいだけなのです。


     犬をしつける目的は
    1)人間社会の規則を教える
    2)飼い主がリーダーであることを教える
    の2つのことだけです。

    1)人間社会の規則を教える
    @トイレのしつけ
    A物をかじらせない
    B無駄吠えをさせない
    C人に飛びつかせない

    2)飼い主がリーダーであることを教える
    @犬をひっくり返す
    A寝ている場所をどかす
    B食事をとりあげる
    ※支配性の強い犬に対しては意識して支配性を弱めるために行う
    注意:比較的気の弱い犬には絶対に体罰を与えず、軽く声で叱るくらいにする。

    愛犬のしつけクリッカーが必要です!
     体罰を与える必要がありません。目的あったしつけや訓練が出来ます。
     しつけに必要なものは愛犬の好きなもの(おもちゃやなでることなど)とタイミングの合った合図です。


    ☆ 注文はこちらから!! ☆

    【愛犬にやさしいクリッカーしつけセット】クリッカー2個・本2冊・DVD【<総合癒しショップ>ドッグチビ】【愛犬にやさしいクリッカーしつけセット】...
    5,150円
    愛犬のしつけに困っていませんか?

    商品ページへ
    Ads by STMX


    posted by Nervdog at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2007年01月24日

    犬とのこんくらべ

     犬のしつけそのものは大して難しいものではありません。ただ、厄介なのは、あなた以外の家族の方も一緒に、「常に一貫性を持ち続け、根気強く続けていく」ことをしなければなりません。
     「子供は単純に可愛がり、旦那はいたずらをしてもしらんぷり、私だけがしつけをきつく言いつけ叱る。」これでは、犬のほうも何が良くて何が悪いか覚えようがないのです。全員が同じことを叱り、同じことをほめることが絶対的に必要なのです。一番悪いのは”時々”おやつを与えることや、”時々”いたずらを叱る等、”時々”行うことです。必ず、玄関のチャイムが鳴ったら吠える犬に対しては毎回叱ることが大切なのです。
     家族全員で一貫性を持ったしつけを行うことにより、犬は誰がリーダーなのかを把握します。家族全員が犬より上位であると認めさせる必要があり、そうすることで無駄吠え等がなくなります。根気強くしつけを行うことで、犬が「解ったから、もう簡便してくれ」と言わんばかりにしつけなければなりません。




    このドッグオフさえあれば大丈夫!
     無駄吠えでお困りの時、いけないことをした時など、人の耳には聞こえないけど、ワンちゃんには聞こえる超音波を出すことにより、しつけや訓練が出来ます。


    ☆ 注文はこちらから!! ☆

    ドッグオフ【ほほえみマート】ドッグオフ
    5,800円
    愛犬のしつけ、護身用に

    商品ページへ
    Ads by STMX


    posted by Nervdog at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。